電気工学で、日本の鉄道を支えたい。

2010年12月28日掲載

東京電気システム開発工事事務所は、JR東日本の様々な電気設備工事を担当している部署です。今回、インタビューを受けて頂いた赤穂光城さんは、主に電車の運行に欠かせない「電車線」の施工・管理を行っています。

プロフィール

2006年3月
北海道大学 工学部 システム工学科 卒業
2008年3月
北海道大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 修士課程修了(北研究室)
2008年4月
東日本旅客鉄道株式会社 入社
2008年9月
電力設備の建設工事に関わる業務に従事、現在に至る。

※2010年9月現在。

福祉施設の支援も行う、新しい電力システムの構築

電気工学を志望した理由を教えてください。

赤穂:まず工学部を選んだのは、単純に理系科目が得意だったからです。その中で電気工学を選んだのは、社会基盤を支えている学問だと思ったからです。コンピューター、自動車などは電気がなければ動きません。従って、電気工学は絶対に必要な技術であると思い興味を持ちました。

学部から大学院へ進まれた理由を教えてください。

赤穂:大学院でもっと技術を身につけたかったのと、電力関係の勉強をしてみたかったことが理由です。電気工学を極めたいという思いがありました。

大学院での研究内容を教えてください。

赤穂:分かりやすくいうと、最近よく言われる、スマートグリッドに似たようなもので、新しい電力システムの構築に関する研究です。

具体的に教えてください。

赤穂:これまでの電力システムでは、電気が発電所から送電線、配電線を通じて需要家に送られる一方通行の流れしかありませんでした。ところが、太陽光発電や風力発電などが需要家に設置されると、電気が需要家から配電線、送電線へと逆方向にも流れるので、複雑なシステムを構築する必要がでてきます。また、ネットワークが大規模なものから地産地消の小規模ネットワークへと変化していったときに、どうすれば電力を効率よく供給することができるのかなどの研究をしていました。

具体的にどのように研究をされていましたか。

赤穂:研究はほとんど概念的な段階だったので、パソコンによるシミュレーションでした。基本的な電力制御やシステム構築などの最適化について研究をしていました。

研究において印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

赤穂:この電力システムでは、様々な品質の電気を作り出す機能があります。例えば、「停電しない」、「電圧変動しない」といった、需要家ニーズに応じた品質の電気を送ることができます。これは、品質別の電力供給という考え方なのですが、この実証試験が印象に残っています。

実証試験はどこで行ったのですか。

赤穂:仙台の福祉施設で実証試験をやりました。福祉施設は、身体の不自由な方などがいらっしゃるので、停電ができない場所です。最適な品質の電気を送るために私の研究が役立っていると思い、感慨深いものがありました。

電車の安全を守る根幹「電車線」をつくる

JR東日本に入社したきっかけを教えてください。

赤穂:私は、物作りをするメーカーよりは、インフラ整備などのエンジニアリングをする、鉄道、ガス、プラント関係などの仕事に興味がありました。そこで、学部3年生のときにJR東日本でインターンシップを受けたところ、鉄道会社は電車線、変電所、照明などの設計・工事といった電気関連の仕事がたくさんあることに特に興味を持ちました。

現在の仕事内容を教えてください。

赤穂:私は、電車に電気を供給する設備「電車線」を建設する工事の監督業務を行っています。電車線とは、電車の上にある線(パンタグラフと接触する線)と考えて頂いて結構です。

具体的には、どういう業務ですか?

赤穂:はい。例えば、既設設備の改造工事や線路の高架化に伴う工事の工程や安全の管理をしています。

仕事の流れを教えてください。

赤穂:出社して、まず前日の作業実績などを確認します。次に、翌日以降の作業に必要な様々な手続きを行った後、工事請負業者と作業手順の確認、夜になってから作業を開始するという流れです。列車が運行していない終電と初電までの間に作業を行います。

これまでに関わったプロジェクトを教えてください。

赤穂:関東甲信越の地域でさまざまなプロジェクトに関わりました。例えば、電車線設備の簡素・統合化工事や武蔵野線の新駅設置工事などです。いずれもまだ完成しておらず、現在も工事中です。

やはり、プロジェクトの完成を見届けたいですよね。

赤穂:そうですね。先輩の話を聞きますと、プロジェクトが終わると感慨に浸るそうです。ただ、今の私としては、無事に工事が終わることが第一の思いです。

安全第一ということですよね。

赤穂:はい。毎日の安全と安定輸送が大前提です。特に電車線は、安全、安定の根幹に関わる部分ですので、我々が専門職として工事をしているのです。このことはJR東日本の技術力のひとつだと思っています。日本の鉄道を支える仕事だとよく言われます。

今の仕事に、学生時代に勉強した電気工学はどのように役に立っていますか。

赤穂:直感的に危険な場所、例えば「こういう経路で電気が通るからここが充電されている」などが分かります。安全面で特に貢献していると思います。

学生時代に学んだ電気工学は、人生の基礎になる

これから電気工学を学ぼうとする学生へアドバイスをお願いします。

赤穂:電気工学の技術者は社会で数多く必要とされています。世の中に電気は必要不可欠なものですから。

最後に、これからの目標や夢を教えてください。

赤穂:民間の鉄道会社としてはJR東日本が世界で一番大きい会社で、1日のお客様の数や、列車本数なども世界トップクラスです。東京電気システム開発工事事務所は電気工事に関連するプロジェクトを専門的に推進しており、様々な技術や知見が蓄積されています。そう考えると、ここで決めたルールがそのまま世界基準になる可能性があります。JR東日本の電車線をつくることを誇りに思って、これからも安全に仕事をしていきたいですね。

鉄道を支えるための仕事についてお話を聞けて大変勉強になりました。どうもありがとうございました。

北 裕幸  教授(きた ひろゆき)

国立/北海道
北海道大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻

北 裕幸 教授(きた ひろゆき)
当研究室は、1925年に北海道帝国大学に設置された「電力及び電力応用学講座」にその起源を置いています。以来、小串孝治教授、小池東一郎教授、長谷川淳教授が研究室を担任され、現在、北がこの伝統ある研究室を担当しています。幾度かの組織改編を経て、2004年度からは「システム統合学」という研究室名となっていますが、研究室の伝統はしっかりと受け継がれており、電力工学・電力系統工学の教育・研究を担っております。2010年度は、スタッフ5名、博士課程学生4名、修士課程学生8名、学部生4名の総勢21名が活動しています。

※インタビューへのご質問、お問い合せにつきましては、「こちら」にお願いします。

この記事に関連する電気工学のキーワード

  • 電力系統

バックナンバー

すべて表示する

5件だけ表示

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学のヒトたち