関連図

電気自動車とは、その名の通り電気を動力源としてモータ駆動する自動車です。走行中にまったく排気ガスを出さず、騒音も少ないのが特徴です。動力装置は、電気モータ、バッテリー、パワーコントロールユニット(動力制御装置)などから構成されます。ガソリンエンジン・ディーゼルエンジンなどの内燃機関が不要で、環境にやさしいのが特長です。以前からすでに実用化されていますが、バッテリーの容量・コストの面で、エンジン自動車なみの航続距離が得られないのが難点。普及に向けては、高出力で低コストのバッテリーの開発などが、クリアすべき課題です。

利用分野

現在、公共機関や企業で導入が進められています。たとえば日本郵政グループの郵便事業会社は、8年程で現在所有する全ての自動車を電気自動車へ切り替えていくことを発表しています。量産化にはさまざまな課題があるものの、電気自動車をはじめとするクリーンエネルギー車の導入の動きはもはや避けては通れず、世界各国で研究開発が進められています。

この分野の研究を行っている大学の研究室

22件の研究室が該当しました。

1~5件を表示(全22件)

小笠原 悟司

国公立/北海道
北海道大学大学院 情報科学研究科 システム情報科学専攻 電気エネルギー変換研究室

小笠原 悟司 教授(おがさわら さとし)
システム融合学講座・電気エネルギー変換研究室は、2007年に小笠原教授が赴任し開設。2008年には竹本准教授が赴任した。北海道大学工学部の中でも最も古い大正13年からの歴史を持つ伝統ある研究室を受け継いでいる。電気機械学第一講座(大13.9)、電気機器...

詳細を見る

呉 国紅

私立/宮城県
東北学院大学 工学部 電気情報工学科

呉 国紅 教授(ご こくこう)
当研究室では、現在主な研究課題として、風力・太陽光・マイクロ水力などの再生可能エネルギー発電を有効に利用するための、電力貯蔵機能を有する交直流配電ハイブリッドマイクログリッドシステムの構成および制御、またパワエレ電力応用機器による配電系...

詳細を見る

中村 健二

国公立/宮城県
東北大学 大学院工学研究科 技術社会システム専攻

中村 健二 教授(なかむら けんじ)
当研究室は、2016年に開設されました。 モータ、トランス、コンバータなどのエネルギー変換・制御機器の高性能化と、これらを様々な規模や用途に応じて高度に組み合わせた、電気エネルギー応用システムの構築に資する教育と研究を行っています。 毎年15...

詳細を見る

田中 正志

国公立/茨城県
茨城大学 工学部 電気電子工学科

田中 正志 助教(たなか ただし)
2012年から始まった研究室です。研究テーマは固体酸化物燃料電池の発電シミュレーションとリチウムイオン二次電池の電気特性の検討をメインに、電気自動車の充電器製作やキセノンランプの応用などさまざまなテーマを幅広くてがけています。2014年度は5名の...

詳細を見る

堀 洋一

国公立/千葉県
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻

堀 洋一 教授(ほり よういち)
研究テーマは、電気自動車の制御・ワイヤレス電力伝送システム・人間親和型モーションコントロールである。機械制御の基本が開ループ制御であるのに対し、電気制御の本質は単純な演算を短周期で繰返すフィードバック制御にあり、機械系の特性を大きく変化...

詳細を見る

関連する次代を担う研究者

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る