避雷針は、雷を避けるのでなく誘うもの。

2022年7月掲載

落雷から建物を守るために、屋上などに設置される「避雷針」。実はこの避雷針、雷を避けるのではなく、自ら雷を引き寄せて電流を地面に逃がしているのです。

雷を避けるのではなく、誘って大地へ逃がす

避雷針のことを説明する前に、まず落雷について簡単にご紹介します。一般的に「落雷」とは、雷雲の下層にたまったマイナスの電荷(電気の量)が、地面のプラスの電荷に流れて放電する現象で、雲と地面の間の火花放電と考えられています。そのときに発生する閃光が、稲妻です。

落雷が発生すると、ご存じの通り、経路となる樹木や建築物に巨大な電流が流れて、火災など大きな被害を及ぼします。時には人間に落雷することもあり、一瞬で尊い命が失われます。これを防ぐために建物の屋上に設置されている棒状の機器が避雷針で、日本の法律では20m以上の建物に設置義務(※1)があります。避雷針は、高いところに落雷しやすい雷の習性を利用し、 建物の上に立てて、雷を誘います。避雷針に落ちた雷の電気は、避雷針に接続した銅線から地面に埋めている銅などの金属の電極へ流して、大地へ逃がす(放電させる)という仕組みです。

避雷針の仕組み

避雷針による保護範囲は、 建物の避雷針から左右それぞれ約60度以内とされています。これは保護角と呼ばれ、建物の危険度、重要度等に応じて定められ、火薬倉庫や引火性物質の保管庫など危険物取扱所の場合は45度となっています。そのため、大きな建物だと避雷針を複数個設置するなどといった工夫がされています。ただし、避雷針で守られる範囲であっても"絶対"ではないので、雷鳴が聞こえたら、すぐさま建物の中などへ避難しましょう。外にいる場合は、大きな木には近づかないようにすることが大事です。

雷現象は大変複雑で、まだまだ解明されていないことがたくさんあります。また、雷害を防ぐ避雷針のさらなる進化も期待されます。これらは電気工学の主要な研究範囲で、日々研究が進められています。

※1 建築基準法第33条「高さ20mをこえる建築物には、有効に避雷設備を設けなければならない。ただし、周囲の状況によって安全上支障がない場合においては、この限りでない。」

この記事に関連する電気工学のキーワード

  • 電力機器
  • 電気利用

バックナンバー一覧

[2021年11月載] 第34回 虫めがね実験と太陽熱発電

太陽の「光」ではなく、「熱」で発電する方...

[2021年7月載] 第33回 ごみ発電のメリット・デメリット

「燃えるごみ」で発電しよう!

[2020年12月載] 第32回 引力と潮力発電

なんと、潮の満ち引きで発電できた!

[2020年7月載] 第31回 生体の電気現象と医療機器

人のカラダの中には、弱い電気が流れている...

[2019年12月載] 第30回 静電気の利用

コピー機は、 冬の天敵・静電気を利用して...

[2019年7月載] 第29回 太陽とプラズマ

宇宙にも天気予報があった!

[2018年12月載] 第28回 マイクロ波の利用

電子レンジは、なぜ食べ物をあたためられる...

[2018年7月載] 第27回 環境発電(エネルギーハーベスト)とは

小さなエネルギー、収穫しませんか?

[2017年12月載] 第26回 電車が動く仕組み

電車が、電線1本で走れる理由。

[2017年8月載] 第25回 雷の不思議

なぜ、カミナリはジグザグに落ちていくのか...

[2016年12月載] 第24回 地球とプラズマ

オーロラの光の正体、それは?

[2016年7月載] 第23回 電気魚の不思議

電気ウナギは、なぜ電気を出せるのか?

[2015年12月載] 第22回 モーターと回生ブレーキ

時速270kmの新幹線は、発電しながら止...

[2015年8月載] 第21回 電気通信の仕組み

シャーロック・ホームズのメールは、電報で...

[2014年12月載] 第20回 電気の未来社会

未来は、コードやケーブルがなくなる?

[2014年8月載] 第19回 スピーカーとフレミングの法則

テレビの音を小さくすると、節電になるのか...

[2014年1月載] 第18回 電気のトリビアその3

身近な電気のフシギ、集めました

[2013年11月載] 第17回 電気のトリビアその2

ちょっと得する電気の雑学、集めました

[2013年9月載] 第16回 電気のトリビア

暮らしの中の電気トリビア、集めました

[2013年3月載] 第15回 野球と電気エネルギー

万能選手!電気は多才なエネルギー。

[2012年9月載] 第14回 オリンピックと電気工学その2

バレーも電力もIT管理。

[2012年7月載] 第13回 オリンピックと電気工学その1

水泳も送電も抵抗をなくそう!

[2012年5月載] 第12回 震災と電気工学その3

電気工学的、節電とは?

[2012年1月載] 第11回 震災と電気工学その2

電気は、本当に貯められないのか?

[2011年11月載] 第10回 震災と電気工学その1

周波数変換の謎、徹底解剖。

[2011年6月載] 第9回 LED照明のメリット/デメリット

いま流行(はやり)のLED照明とは、何も...

[2010年12月載] 第8回 電力系統と駅伝

電力も駅伝も、最適配置で勝負。

[2010年9月載] 第7回 医療機器応用の歴史

日本最古の電気機器「エレキテル」は、医療...

[2010年4月載] 第6回 人工衛星と太陽電池

世界ではじめての太陽電池は、人工衛星に積...

[2010年4月載] 第5回 宇宙船と燃料電池

2010 年、宇宙の旅のおともに「燃料電...

[2009年12月載] 第4回 ヒートポンプと打ち水

ヒートポンプの元祖は、「打ち水」でした。

[2009年5月載] 第3回 電気自動車とミニ四駆

電気自動車は実物大"ミニ四駆&...

[2008年10月載] 第2回 パワーエレクトロニクスとボランチ

サッカーと電力の舵を取れ!

[2008年7月載] 第1回 超電導と浮遊術

ハリーポッターの空飛ぶホウキと超電導体

すべて表示する

5件だけ表示

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る