萌芽研究テーマ「電気工学分野の将来展開を見据えた研究」

2021年5月掲載

研究助成採択者インタビュー

2019年度の特別推進研究、萌芽研究に採択させていただいた皆様に、研究の解説、電気工学への思いなどをお話いただきました。

函館工業高等専門学校
下町 健太朗 助教

災害時の避難所である学校の蓄電池がしっかり働くために

実際の学校での資産を通じ、非常時にも対応可能とするような学校のためのエネルギーマネジメント手法を開発し、萌芽研究に採択されました。

京都工芸繊維大学
新田 悠汰 さん(博士課程枠)

透明かつフレキシブルなエナジーハーベスタを目指して

環境中の光や熱、振動などからエネルギーを採取するエナジーハーベスタの応用領域多様化・拡大につながる研究で、萌芽研究に採択されました。

2019年度に採択された研究のテーマや概要、研究者を一覧でご確認頂けます。


電気工学の未来