ディベート大会・閉会の挨拶

A~Dチームの白熱したディベートが終わり、閉会の挨拶を、徳島大学の北條昌秀准教授よりいただきました。

「今年も予想を上回る、素晴らしいディベート大会だと思いました。昨年も申し上げましたが、社会の場では交渉する際に、相手の立場になって考え、その上で自分の意見を言うことが求められます。今日のディベートの経験はぜひ忘れないようにしてほしいと思います。また、この経験は学会などでも活きるはずです。最後に一点、伝えたいことがございます。昨年の参加者へのアンケートで、“自分はあまり話すことができなくてチームに貢献できなかった”と後悔されている方がいらっしゃいました。絶対に、そんなことはありません。今、私が話していることもそうなのですが、聞いている人がいると、人は緊張せずに話すことができるのです。ですから、チームの勝利は自分の勝利。そう思って、意見交換会で発表される結果を、ぜひ楽しみにしてください。」

産学意見交換会

ディベート大会終了後、夕食を兼ねた意見交換会を開催しました。これは、学生同士の交流はもとより、ディベート大会の講評や進路等について産業界の方々と意見交換していただくために開催したものです。併せて、表彰式も行います。

意見交換会では、まず、パワーアカデミー事務局の藤井俊英部長からご挨拶がありました。
「参加された学生の皆さんは、今、ディベートを終えて、今日の台風一過の青空のように晴々としているのではないでしょうか。ディベートのテーマは、二つとも難しいものでしたが、われわれ産業界の人間が参考になるような、とても素晴らしい議論をしていただいたと思います。最後にみなさんにお願いがございます。この機会に様々な大学の方や産業界の方々とネットワークをつくってください。そして、そのネットワークをぜひ今後も続くようなものにしてください。また、研究室の後輩や同僚の方々へ、来年以降のGPANの参加を勧めていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。」

続いて、名城大学の飯岡大輔准教授からも、昨年に引き続き、とてもユニークな挨拶をしていただきました(もはやGPAN名物?)。楽しい雰囲気の中で、学生参加者や学生幹事・教員幹事、そして産業界の方たちの懇親が深められました。

パワーアカデミー事務局の藤井俊英部長よりのご挨拶。

学生同士の交流はもとより、産業界参加者も含めて意見交換が行われました。

表彰式

いよいよ表彰式です。特別賞と優秀賞が贈られます。

特別賞

特別賞は、徳島大学の学生幹事・大淵さんより発表されました。

Bチーム(台風の目 ~旋風を巻き起こす~)

が受賞。産業界の皆様より、Bチームの皆さん全員へ賞状と記念品が贈られました。続いて、産業界を代表して、関西電力の香川公司様より講評をいただきました。

「Bチームがディベートを行った“電力固定価格買取制度の是非”ですが、すでに導入されている制度なのでテーマとしては難しかったと思います。しかし、Bチームは非常にうまく意見をまとめ、総合的に優れていると判断をして、特別賞を贈らせていただきました。」

Bチームの皆さんには、壇上で喜びを語っていただきました。
「これからも“旋風を巻き起こす”という、チーム名に恥じないように頑張っていきます。」
「体調が悪かったですが、がんばって賞をとれて本当に良かったです。」
「今後は台風の目となる人間になりたいと思います(笑)」
「こういう賞をいただいたのは、小学校の皆勤賞以来です。今、年2~3回ほど学会に出ていますが、今回、はじめて賞をいただきました。感無量です。」

優秀賞

学生参加者16名のピアレビューで決定する優秀賞は、学生幹事の岩見さんより、発表されました。

Dチーム(チーム寒がり屋さん)

Dチームの皆さん全員へ賞状と記念品(トロフィー)が贈られました。

Dチームの皆さんには、壇上で喜びを語っていただきました。
「議論が白熱して、寒がりといいながら長袖から半袖になりました(笑)。」
「貴重な体験と賞をいただき、ありがとうございました。」
「このような素晴らしい賞をいただいてありがとうございます。学会の発表等にも活かしていきたいと思います。」
「先輩から賞をとってこいと言われて、とれて本当によかったです(笑)。」

最後は、広島大学 造賀芳文准教授が意見交換会閉会のご挨拶をされ、興奮覚めやらぬまま、第2回GPANは終了しました。

学生参加者からの感想

学生参加者の皆さんへのアンケートから、ご感想・ご意見を一部掲載いたします。

ディベートに関して

  • 普段経験できない経験をした。
  • ディベートは初めてだったが、チームみんなで協力でき達成感があった。
  • 初対面の学生と話し合い、ディベートを成功できたことはとてもいい経験になった。
  • 自分で調査することにより、さらにテーマについて興味が出た。
  • 自分の専門からすこし外れたテーマだったが、興味がわいた。
  • 産業界の方がチームに入っていただいて、すごく助かった。貴重な意見をもらえるとともに知識が高まった。
  • テーマから逸脱しないよう、産業界の方にアドバイスをいただいた。

産業界の方との交流について

  • 産業界の方が気さくな方ばかりでよかった。
  • いろいろと有意義な時間だった。
  • ディベートの話題で盛り上がった。
  • 積極的に話しかけていただき、ありがたかった。
  • 産業界の方がフレンドリーでよかった。
  • 立食形式のため、声をかけやすかった。
  • チームに入っていただいた方と話しやすかった。