第9回GPAN 学生ディベート大会レポート

9回目となる今回のGPANは、新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、初のオンラインでの開催となりました。学生や先生、産業界の方々などを含め、合計40名が参加しました。ディベート大会では、「洋上風力発電導入」、「過疎地域におけるオフグリッド導入」、「石炭火力の早期削減」のそれぞれの是非について、楽しみながらも白熱した討論が行われました。終了後は、産学意見交換会を通じて産学の交流が図られ、ディベート大会の優秀賞、特別賞、ネーミング賞の表彰も行われるなど、とても有意義なイベントとなりました。

学生ディベート大会は、電力やエネルギーに関連するホットなテーマについて、チーム対抗のディベートを実施しました。1チーム3~4名、合計6チーム(22名)のチーム対抗による50分間のディベート対決が繰り広げられました。また、産業界の方々も各チームに1名ずつ加わり、ディベートにご参加頂きました。

ディベート大会後は、産学意見交換会がスタート。大学や立場の違いといった垣根越えて、多くの学生、先生、産業界の技術者が積極的に交流し、親睦を深めました。途中、優秀賞他各賞の表彰式も行われ、賞状と記念品が受賞チームに授与されました。

表彰式

ディベート大会閉会挨拶

産学意見交換会

産学意見交換会

第9回GPANの設備見学会は、集合開催できなかったため、仮想の発電所などを見学するバーチャル設備見学となりました。(視聴は第9回GPAN参加者限定)

イベント概要

日 時 2020年12月12日(土) 9:50 ~ 19:00
場 所 オンライン開催(ZOOM)
参加者 40名
企画1
学生ディベート大会
電力・エネルギーなどに関するテーマについてディベート大会を開催しました。事前に設定されたテーマのうち、どのテーマを担当するかは事前に通知され、当日の抽選により肯定派および否定派を決定しました。
各チームは3~4名で構成され、最初に産業界の方を交えてディベートの準備を行い、次に他チームと議論を行いました。
優秀チームには賞状と副賞が後日贈呈されました。
企画2
産学意見交換会
参加学生同士の交流はもとより、ディベート大会の講評や進路等について産業界の方々と意見交換して頂くために、夕食を兼ねた意見交換会を開催しました。合わせてディベート大会の表彰式も行いました。
企画3
バーチャル設備見学
実際の発電所などを模擬した、仮想の電力関係設備の見学をオンラインで行うバーチャル設備見学を行いました。(視聴は第9回GPAN参加者限定)