ディベート本戦

当日の様子を写真でご紹介します。

ディベート1回戦テーマ:電力固定価格買取制度の是非

肯定側 Aチーム(チーム名:特攻野郎Aチーム)

コストの低下や技術革新の可能性を期待できるといったことを賛成の理由として、ディベートにのぞみました。

否定側 Bチーム(チーム名:台風の目 ~旋風を巻き起こす~)

電力料金の上昇や充電による恩恵の格差といったデメリットを挙げて、否定意見をディベートで交わしました。

■ディベート2回戦テーマ:電力小売り自由化の是非

肯定側 Cチーム(チーム名:チーム本州)

新サービスの導入など、需要家のニーズに対応したシステムが実現できるといった理由で、賛成意見を述べました。

否定側 Dチーム(チーム名:チーム寒がり屋さん)

価格競争の発生やサービスの低下などの懸念点を挙げて、否定意見を述べました。