第5回GPAN 学生交流会「GPAN」とは

5回目となる今回のGPANは、幹事の学生や先生、産業界の方々などを含め、合計40名が参加しました。今年も全国各地から多くの学生が集い、楽しみながら真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。終了後は、学生同士だけでなく、産業界とのつながりをつくった参加学生もいたようで、とても有意義なイベントとなりました。

9月12日(月)

1日目は、山梨県甲府市湯村のホテルを会場として、学生同士によるディベート大会と優秀チームへの表彰式、参加者全員による産学意見交換会が行われました。

学生ディベート大会は、電力・エネルギーに関連する話題のテーマについて、チーム対抗のディベートを実施しました。1チーム4名、合計6チーム(24名)のチーム対抗による50分間のディベート対決が繰り広げられました。また、産業界の方々も各チームに1名づつ加わりディベートにご参加いただきました。

ディベート大会後は、産学意見交換会がスタート。大学の垣根を越えて、多くの学生や産業界の技術者が親睦を深め合い、積極的な交流が行われました。途中、優秀チームの表彰式も行われ、賞状と記念品が受賞チームに授与されました。

9月13日(火)

2日目は山梨県南アルプス市にある富士電機㈱の山梨製作所と同施設内にある南アルプスエネルギーパークの設備見学を行いました。
山梨製作所はエネルギーのスマート化を進めており、燃料電池やコジェネ設備、エネルギー監視システム等を設置し、エネルギー消費量の削減やエネルギーリスクを回避するために電力自給率の向上と電力供給源の2重化に取り組んでいます。
生憎、天候に恵まれず、雨の中での見学になりましたが、学生の皆さんにとっては貴重な経験になったと思います。

イベント概要

日 時 2016年9月12日(月)10:00~13日(火)13:30
場 所 1日目:山梨県甲府市
2日目:富士電機 山梨製作所(山梨県南アルプス市)
参加者 40名
服 装 ジーンズ推奨
企画1
学生ディベート大会
電力・エネルギーなどに関するテーマについて、ディベート大会を開催しました。
チーム構成は参加者の所属に関係なくシャッフルして決定され、通知されたテーマについて、チーム単位でディベートの準備をし、他チームと議論しました。優秀チームには賞状と副賞が贈呈されました。
企画2
産学意見交換会
参加学生同士の交流はもとより、ディベート大会の好評や進路等について産業界の方々と意見交換して頂くために、夕食を兼ねた意見交換会を開催しました。合わせてディベート大会の表彰式も開催しました。
企画3
設備見学会
会場ホテルからバスで移動し、富士電機(株)の山梨製作所と同施設内にある南アルプスエネルギーパークの設備見学を行いました。