なぜ、カミナリはジグザグに落ちていくのか?

2017年8月掲載

雷は一年中起こりますが、夏の雷は特に激しいため、俳句では夏の季語とされて風物詩になっています。皆さんも一度は、ジグザクに落ちる雷を目にしたことがあるのではないでしょうか。

雷の正体は、中学で習った"放電"

落雷とは、雷雲の下層にたまったマイナスの電荷(電気の量)が、地面の プラスの電荷に流れて放電する現象で、雲と地面の間の火花放電と考えられています。具体的には、空気は電気を通さない絶縁体ですが、高電圧がかかるとイオン化(中性でなくなる)して、絶縁破壊を起こしてしまうのです。放電とは、電気を通さない絶縁体に高い電圧をかけると電流が流れる現象のことで、中学や高校の理科で習った記憶がありますよね?

電気の通りやすい場所を探して、ジグザグに

それでは、なぜ雷はジグザグに進むのでしょうか。雷は、雲と地面の間に流れるとき、イオン化の進んだところや湿気が多いところなど、空気中の電気の通りやすい場所を探しながら進みます。そのため、ジグザクに落ちていくように見えるのです。

昔から雷は「地震、雷、火事、親父」と、怖いモノの代表格として恐れられてきました。実際に、雷の電圧は数十億ボルトに達して、現代でも様々な雷害が起きています(私たちが使う、家庭用の電圧は100ボルト)。このように豪快なイメージがありますが、実は非常に賢い動きもする不思議な電気が、雷なのです。

この記事に関連する電気工学のキーワード

  • 電力機器

バックナンバー一覧

[2017年8月載] 第25回 雷の不思議

なぜ、カミナリはジグザグに落ちていくのか...

[2016年12月載] 第24回 地球とプラズマ

オーロラの光の正体、それは?

[2016年7月載] 第23回 電気魚の不思議

電気ウナギは、なぜ電気を出せるのか?

[2015年12月載] 第22回 モーターと回生ブレーキ

時速270kmの新幹線は、発電しながら止...

[2015年8月載] 第21回 電気通信の仕組み

シャーロック・ホームズのメールは、電報で...

[2014年12月載] 第20回 電気の未来社会

未来は、コードやケーブルがなくなる?

[2014年8月載] 第19回 スピーカーとフレミングの法則

テレビの音を小さくすると、節電になるのか...

[2014年1月載] 第18回 電気のトリビアその3

身近な電気のフシギ、集めました

[2013年11月載] 第17回 電気のトリビアその2

ちょっと得する電気の雑学、集めました

[2013年9月載] 第16回 電気のトリビア

暮らしの中の電気トリビア、集めました

[2013年3月載] 第15回 野球と電気エネルギー

万能選手!電気は多才なエネルギー。

[2012年9月載] 第14回 オリンピックと電気工学その2

バレーも電力もIT管理。

[2012年7月載] 第13回 オリンピックと電気工学その1

水泳も送電も抵抗をなくそう!

[2012年5月載] 第12回 震災と電気工学その3

電気工学的、節電とは?

[2012年1月載] 第11回 震災と電気工学その2

電気は、本当に貯められないのか?

[2011年11月載] 第10回 震災と電気工学その1

周波数変換の謎、徹底解剖。

[2011年6月載] 第9回 LED照明のメリット/デメリット

いま流行(はやり)のLED照明とは、何も...

[2010年12月載] 第8回 電力系統と駅伝

電力も駅伝も、最適配置で勝負。

[2010年9月載] 第7回 医療機器応用の歴史

日本最古の電気機器「エレキテル」は、医療...

[2010年4月載] 第6回 人工衛星と太陽電池

世界ではじめての太陽電池は、人工衛星に積...

[2010年4月載] 第5回 宇宙船と燃料電池

2010 年、宇宙の旅のおともに「燃料電...

[2009年12月載] 第4回 ヒートポンプと打ち水

ヒートポンプの元祖は、「打ち水」でした。

[2009年5月載] 第3回 電気自動車とミニ四駆

電気自動車は実物大"ミニ四駆&...

[2008年10月載] 第2回 パワーエレクトロニクスとボランチ

サッカーと電力の舵を取れ!

[2008年7月載] 第1回 超電導と浮遊術

ハリーポッターの空飛ぶホウキと超電導体

すべて表示する

5件だけ表示

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る