第8回 電力系統と駅伝 電力も駅伝も、最適配置で勝負。

2010年12月掲載

駅伝は区間配置がポイント

日本の正月の風物詩として、近年、完全に定着したのが"駅伝"です。元旦の「ニューイヤー駅伝」、そして2日、3日の「箱根駅伝」。共に新年最初のスポーツビッグイベントとして、正月の茶の間に大きな興奮をもたらしてきました。

駅伝は、数人がリレー形式で長距離を走り、そのタイムを競うスポーツです。チームスポーツであり、選手の適性や組合せ、そして配置によって勝敗がガラリと変わります。例えば、ニューイヤー駅伝では、様々な難所があります。そこに適した選手を配置し、場合によっては相手の裏を欠いた選手起用など様々な戦略が必要とされます。駅伝の区間配置は、監督やコーチの経験や分析により決定される高等戦略と言えます。

駅伝区間解説図

ニューイヤー駅伝の高低差解説図

電力系統は機器配置が重要

さて、私たちに電気を届けてくれる、電力系統においても、電力機器の配置が重要なポイントです。原子力、火力、水力の各発電所で作られた電気は、発電所等の変圧器で電圧が上げられ、送電線へ送られます。そして、送られた電気は、一次変電所、二次変電所、配電用変電所の変圧器で段階的に電圧を下げ、配電線に送られ、各家庭へ届けられます。

この発電、送電、変電、配電、そして需要家(家庭)を含めた全体が電力系統です。電力系統は、毎年増加する電力需要に対応するため、発電所や送変電設備などの大容量化や昇圧(高電圧化)、系統構成の見直しなどを行う必要があります。個々の機器能力を高めることはもちろん、ネットワークのあり方を常に検討・監視することが非常に大切です。

さらに近年は、太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーの大量導入に向けて、既存の電力系統と再生可能エネルギーを調和させるために、新たな電力系統の研究(スマートグリッド、マイクログリッド等)が進められています。将来の電力系統では、どのような電力機器を、どのように配置、構成するのか。駅伝の区間配置のように電力系統にも機器配置の高等戦略が求められているのです。

発電所から家庭までの電力系統イメージ図

知って得するトリビアコーナー/駅伝における選手の区間配置とは?

SPECIAL INTERVIEW 佐藤 敦之選手 Satoh Atsushi 駅伝における選手の区間配置の重要性を、中国電力陸上競技部・佐藤敦之選手に伺いました。佐藤選手は、2008年の北京オリンピック男子マラソン代表選手で、2010年のニューイヤー駅伝では区間賞を受賞。日本を代表する長距離走者です。「ニューイヤー駅伝2011は、チームとして前回(4位)を上回る成績を、個人としてはロンドンオリンピックを目指していきたい」との抱負を頂きました。

Q. 駅伝における選手の区間配置と役割は?

ニューイヤー駅伝が開催される群馬では名物「赤城颪(あかぎおろし)」の影響により、前半区間は追い風、後半区間は向かい風となります。そのため、前半区間は追い風にのって軽快に走れる選手、逆に後半区間は向かい風をものともせず力強くスタミナで走破できる選手が向いているようです。また、区間毎に距離が異なるので、必然的に能力の高い選手が距離の長い区間となります。

私が、2010年のニューイヤー駅伝で走った「4区」は、先頭との差を縮めることが求められました。2009年から2区(8.3k)がインターナショナル区間(外国人選手可の区間)に設定されたため、4区は先頭から約1分30秒~2分程の差でタスキを受ける事になったからです。先頭が見える範囲まで差を縮めることで、後半区間の選手が「勝負できる」気持ちになってくれます。 また、選手だけでなくチーム個人に役割があり、一つの目標に向かってチームが一体となれるのが駅伝の魅力だと思います。

バックナンバー

[ 2017年8月掲載 ] 第25回 雷の不思議

なぜ、カミナリはジグザグに落ちていくのか?

[ 2016年12月掲載 ] 第24回 地球とプラズマ

オーロラの光の正体、それは?

[ 2016年7月掲載 ] 第23回 電気魚の不思議

電気ウナギは、なぜ電気を出せるのか?

[ 2015年12月掲載 ] 第22回 モーターと回生ブレーキ

時速270kmの新幹線は、発電しながら止まる!

[ 2015年8月掲載 ] 第21回 電気通信の仕組み

シャーロック・ホームズのメールは、電報でした。

[ 2014年12月掲載 ] 第20回 電気の未来社会

未来は、コードやケーブルがなくなる?

[ 2014年8月掲載 ] 第19回 スピーカーとフレミングの法則

テレビの音を小さくすると、節電になるのか?

[ 2014年1月掲載 ] 第18回 電気のトリビアその3

ちょっと得する電気の雑学、集めました

[ 2013年11月掲載 ] 第17回 電気のトリビアその2

ちょっと得する電気の雑学、集めました

[ 2013年9月掲載 ] 第16回 電気のトリビア

暮らしの中の電気トリビア、集めました

[ 2013年3月掲載 ] 第15回 野球と電気エネルギー

万能選手!電気は多才なエネルギー。

[ 2012年9月掲載 ] 第14回 オリンピックと電気工学その2

バレーも電力もIT管理。

[ 2012年7月掲載 ] 第13回 オリンピックと電気工学その1

水泳も送電も抵抗をなくそう!

[ 2012年5月掲載 ] 第12回 震災と電気工学その3

電気工学的、節電とは?

[ 2012年1月掲載 ] 第11回 震災と電気工学その2

電気は、本当に貯められないのか?

[ 2011年11月掲載 ] 第10回 震災と電気工学その1

周波数変換の謎、徹底解剖。

[ 2011年6月掲載 ] 第9回 LED照明のメリット/デメリット

いま流行(はやり)のLED照明とは、何もの?

[ 2010年12月掲載 ] 第8回 電力系統と駅伝

電力も駅伝も、最適配置で勝負。

[ 2010年9月掲載 ] 第7回 医療機器応用の歴史

日本最古の電気機器「エレキテル」は、医療機器でした。

[ 2010年4月掲載 ] 第6回 人工衛星と太陽電池

世界ではじめての太陽電池は、人工衛星に積まれました。

[ 2010年4月掲載 ] 第5回 宇宙船と燃料電池

2010 年、宇宙の旅のおともに「燃料電池」

[ 2009年12月掲載 ] 第4回 ヒートポンプと打ち水

ヒートポンプの元祖は、「打ち水」でした。

[ 2009年5月掲載 ] 第3回 電気自動車とミニ四駆

電気自動車は、実物大"ミニ四駆"

[ 2009年5月掲載 ] 第2回 パワーエレクトロニクスとボランチ

サッカーと電力の舵を取れ!

[ 2008年7月掲載 ] 第1回 超電導と浮遊術

ハリー・ポッターの空飛ぶホウキと超電導体

すべて表示する

5件だけ表示

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る