産学連携で電気工学の新たなるステージへ

運営委員会 委員長  関根泰次

運営委員会 委員長
関根 泰次
東京大学名誉教授

我が国において「電気工学」は、高度成長期における電力供給設備の拡充、便利で快適な生活の実現などに重要な役割を果たしてきました。高い水準での電力供給が実現し、様々な電気機器が巷に溢れる今日においても、電気工学の役割は失われた訳ではありません。現在、私たちは地球温暖化問題、再生可能エネルギーの導入、低炭素社会の実現など様々なエネルギー問題に直面しています。電気工学は、このような困難な課題の解決に不可欠な基盤的学術分野として、その重要性はこれからも変わりありません。

パワーアカデミーは電気工学の更なる発展を目指して2008年4月に活動を開始し、電気工学を基盤とする産業全体という広い視点から、研究・教育の両面にわたり効果ある施策を積極的に展開することで全国レベルでの産学連携を推進しております。

パワーアカデミーに対する関係各位の積極的なご支援をよろしくお願い申し上げます。

パワーアカデミーを2008年4月に創設いたしました。