編集ボタンから内容の更新をお願いします。必須項目は、必ずご入力下さい。

English Page

研究者紹介

加藤 丈佳  教授かとう たけよし必須編 集保存してください

加藤 丈佳教授

1996年 名古屋大学大学院工学研究科電気工学博士課程修了
1996年 名古屋大学助手(理工科学総合研究センター)
2005年 名古屋大学助教授(大学院工学研究科)
2007年 名古屋大学准教授(大学院工学研究科)
2014年 名古屋大学教授(大学院工学研究科)

受 賞
2000年 電気学会電気学術振興賞論文発表賞
2009年 電気学会電力・エネルギー部門誌優秀論文賞
2011年 電気学会技術報告賞
2011年 電気学会電子・情報・システム部門大会企画賞
2014年 IRED2014 Good Poster Award 1st Prize
2014年 電気学会電子・情報・システム部門大会企画賞




研究室開設日・閉鎖日編 集保存してください※この項目は非公開です

研究室開設日
研究室閉鎖日
(予定含む)

その他の教授・准教授編 集保存してください

その他の研究者編 集保存してください

  • 栗本 宗明   助教   (くりもと むねあき

研究室からのお知らせ編 集保存してください

<開催案内> 2018年8月30日(木)第1回エネルギー技術アカデミー
下記の通り、第1回エネルギー技術アカデミーを開催いたします。 

● 第1回エネルギー技術アカデミー -太陽光発電の失敗体験とそこから学ぶこと-(仮) ●

日 時 :   8 月 30 日(木) 18:00 ~ 19:30
会 場 :  名古屋大学 東山キャンパス IB電子情報館 北棟10階 101講義室
     〒 464-8603 名古屋市千種区不老町
名古屋市営地下鉄名城線「名古屋大学」駅③番出口より徒歩約2分
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
講師:吉富政宣氏 (吉富電気 代表取締役)

参加費: 無料
対象:エネルギー技術に関心のある若手・学生
定員:最大30名(申込みが30名を超えた場合、抽選となる場合もございます。)
※第1次参加申込み締切:  7 月 30 日(月)

お申込みは、下記 URL (申込み入力フォーム)よりお願いいたします。
https://goo.gl/forms/jXOSHnHUo7NrSfVB3

フォームによるご連絡が難しい場合には、
mmatsuda@nuee.nagoya-u.ac.jp宛に以下の情報をご送付ください。
ご名前(ふりがな):
ご所属:
年齢(ご選択ください):10代・20代・30代・40代・50歳以上・回答しない
技術アカデミーへのご出欠:ご出席・ご欠席
今後のシンポジウム等への開催案内:希望する・希望しない

エネルギー技術アカデミーに関するお問合せ先:
名古屋大学 未来材料・システム研究所
エネルギーシステム(中部電力)寄附研究部門
秘書 松田 E-mail: mmatsuda@nuee.nagoya-u.ac.jp
TEL: 052-789-5920   FAX: 052-789-2108

研究キーワード

機器分野必須編 集保存してください

電力系統電力機器燃料電池 風力発電太陽光発電

学問分野必須編 集保存してください

電気電子材料電力系統工学高電圧・放電電気物性工学発電工学・電力エネルギー

研究室の概要必須編 集保存してください

当研究室は、1995年に学際的・融合的な研究を行う研究センターの研究室として発足しました。名古屋大学で伝統のある電気絶縁材料の物性、劣化診断などから、地球環境も見すえた新エネルギーの有効利用、エネルギーシステムに関する研究・教育を行っています。

研究室の特徴

毎日の研究必須編 集保存してください

大学院生、4年生も週1回のセミナーがあります。研究打合せ会はシステム系と実験系に分けて、それぞれ週1回のペースで行っています。他機関との共同研究となっているテーマについては、月1回程度の定期的な共同研究打合せ会も行っています。学生は毎日研究室に来て、授業や上記の行事以外の時間を、それぞれの研究に当てています。研究については全員が個別のテーマを持ち、適宜教員と相談しながら取り組んでいます。

身につく知識必須編 集保存してください

エネルギーシステムから絶縁材料の物性までの幅広い研究を行っており、各専門分野の詳細な知識や実験、シミュレーション技術が身につくだけでなく、広範な知識、問題への取り組み方、問題の設定能力など、将来応用可能な基盤的な能力が身につくよう努めている。また、毎週の研究打合せ会での発表だけでなく、多くの国内学会や国際会議に参加する機会があり、報告書の書き方やプレゼンテーション能力を訓練する場となっている。

主な就職先必須編 集保存してください

中部電力 、東京電力 、関西電力 、電源開発 、東邦ガス 、NTTファシリティーズ 、JR東海 、三菱電機 、東芝 、松下電器 、シャープ 、豊田自動織機 、デンソー 、アイシン精機 、オリンパス 、セイコーエプソン 、荏原製作所 など
電力・エネルギー系から電機、家電、自動車などの企業、公務員など幅広い進路が選択されています。

主な進学先必須編 集保存してください

研究室の雰囲気必須編 集保存してください

研究室

夏に行われる研究室の見学旅行、年に数回行われるコンパ、専攻で行われるスポーツ大会などを通して、構成員や先輩との親睦が深められている。特に、研究室発足以来欠かさず行われてきた登山は、研究室の名物行事となっています。

研究室メンバー

教員 院生 学部生
2017年度 4 13 6

研究室メンバー必須編 集保存してください

教員 院生 学部生
2018年度
2017年度 4 13 6

共同研究・受託研究編 集保存してください

中部電力

地域活動編 集保存してください

一般の方を対象に、日本における電力やエネルギーの状況をわかりやすく伝えることを目的とした市民公開講座を年に一度実施し、大学祭やオープンキャンパスの学部企画で研究室紹介を行い、研究内容を公開しています。

その他編 集保存してください

名古屋大学 未来材料・システム研究所 エネルギーシステム寄附研究部門/舟橋客員教授との協力体制により、加藤・舟橋研究室として研究を行っています。

研究室の連絡先必須編 集保存してください

地域 中部地区
郵便番号 464-8603
住所/連絡先 愛知県名古屋市 千種区不老町 IB電子情報館 北棟 5階
電話番号
FAX番号
Eメールアドレス tkatonuee.nagoya-u.ac.jp
より詳しい内容はこちらから→研究室のホームページへ

関連サイト編 集保存してください

研究室のホームページ(日本語)http://www.nuee.nagoya-u.ac.jp/labs/katolab
研究室のホームページ(英語)
留学生向けページ(英語)
大学のホームページ(日本語)
大学のホームページ(英語)
学部のホームページ(英語)
パワーアカデミー 研究室ページ(英語)パワーアカデミー研究室データベース 英語ページ

※こちらの掲載情報は、各研究室から提供されたものです。
詳細につきましては、各研究室にお問い合わせ頂きますようお願いいたします。
更新確認日:2018-07-13

英語表記必須編 集保存してください

学校名・学科名(英語表記) Division of Systems Research, Institute of Materials and Systems for Sustainability, Nagoya University
氏名(英語表記) Takeyoshi Kato

進路実績必須編 集保存してください※この項目は非公開です

  2017年度卒 2018年度卒
エネルギー資源
建設業
化学
医療関係
機械
鉄、金属
電子、電気機械
自動車・オートバイ
精密機器
情報・通信業
電力
大学・公的研究機関(研究職)
その他

登録者情報必須編 集保存してください※この項目は非公開です

担当部署(1) 松田
担当者(1) 松田
E-mail(1) mmatsudanuee.nagoya-u.ac.jp
担当部署(2)
担当者(2)
E-mail(2)
担当部署(3)
担当者(3)
E-mail(3)

事務局連絡用アドレス必須編 集保存してください※この項目は非公開です

事務局連絡用アドレス mmatsudanuee.nagoya-u.ac.jp