研究室(大学)データベース

検索条件

機器分野 パワーエレクトロニクス
学問分野 
地域 

条件を変更して再検索

検索結果

41件の研究室が該当しました。

1~10件を表示(全41件)

後藤 泰之

私立/愛知県
愛知工業大学 工学部 電力システム研究室

後藤 泰之教授(ごとう やすゆき)
当研究室は、1965年に故小林英夫先生が開設。その後、一柳勝宏先生が中心となり、1995年に後藤泰之先生、1997年に雪田和人先生、2006年中野寛之先生が参画されています。 当研究室は、学部生、院生を含めると約40名にもなります。これまでに、300名を超え...

詳細を見る

鵜野 将年

国公立/茨城県
茨城大学 工学部 電気電子工学科

鵜野 将年准教授(うの まさとし)
再生エネルギーや蓄電池向けのパワーエレクトロニクス、ならびに人工衛星や惑星探査機搭載を目指した電力変換器に関する研究を行っています。 当研究室では、実用化を意識した新方式のコンバータや制御手法の提案を軸としており、製品化に向けた企業との...

詳細を見る

高木 浩一

国公立/岩手県
岩手大学工学部電気電子・情報システム工学科

高木 浩一教授(たかき こういち)
放電プラズマ工学は電子デバイスのプロセスには欠かすことができない技術分野で、IT社会の到来に大きく寄与してきました。その技術の重要性は、現在でも変わりません。加えて、医療への応用、バイオ、食品関係や環境保全など、新しい応用分野が広がりつつ...

詳細を見る

門脇 一則

国公立/愛媛県
愛媛大学大学院 理工学研究科 電子情報工学専攻

門脇 一則教授(かどわき かずのり)
1980年代から続く研究室で、液体および固体誘電体の高電界現象に関する研究を進めてきました。最近はこれらの研究に加えて、高電圧ナノ秒パルスパワー応用に関する研究、次世代オプティカルデバイスに関する研究にも注力しています。

詳細を見る

木村 紀之

私立/大阪府
大阪工業大学 工学部 電気電子システム工学科

木村 紀之教授(きむら のりゆき)
当研究グループは、大きくエネルギー科学研究系と電機システム研究系に別れている。講座制ではないため、各教員が独自の研究テーマを設定して学生と共に研究に励んでいる。一方、研究内容の議論、成果の報告などは研究系単位で行っている。両研究系を併せ...

詳細を見る

伊瀬 敏史

国公立/大阪府
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻

伊瀬 敏史教授(いせ としふみ)
本研究室は工学部発足当時から電気工学科の中にあって、今日に至るまで電気エネルギーの発生・輸送・変換・制御にかかる電力工学と高電圧工学の研究・教育を行ってきました。現在は、電気エネルギーの発生・伝送・変換・制御の分野でエネルギー資源・環境問題を視...

詳細を見る

田中 康規

国公立/石川県
金沢大学 理工学域 電子情報学系

田中 康規教授(たなか やすのり)
当研究室では、「高気圧高温プラズマ・低温プラズマによる環境・エネルギー・材料問題への取り組み」というキーワードのもと、現在は特に「高密度プラズマの革新コントロールと他材料間複合相互作用の解明と応用」に取り組んでいます。2018年度においては...

詳細を見る

田村 淳二

国公立/北海道
北見工業大学

田村 淳二教授(たむら じゅんじ)
当研究室は、電気機器に関する研究・教育に携わってきた伝統ある研究室で、近年は主に風力発電を系統に安定して連系する技術に関する研究をしています。平成29年度は、院生6名、学部生11名総勢17名が活動しています。

詳細を見る

三谷 康範

国公立/福岡県
九州工業大学大学院 工学研究院 電気電子工学研究系

三谷 康範教授(みたに やすのり)
当研究室は、九州工業大学工学部電気工学科の電気エネルギー工学講座の1分野ですが、2003年に三谷が異動してきて電力系統工学に関する分野を開始しました。対象領域は電力系統に関わるものから家庭内の電力の流れを監視することまで電気エネルギーに関わる...

詳細を見る

匹田 政幸

国公立/福岡県
九州工業大学大学院 工学研究院 電気電子工学研究系 電気エネルギー工学部門

匹田 政幸教授(ひきた まさゆき)
当研究室は、1996年開設。2008年4月に改組で工学研究院電気電子工学系電気エネルギー部門所属となりましたが長年、電力・高電圧工学分野、パワーエレクトロニクスデバイス・機器開発に関して、大塚研究室および本学寄附講座(九州電力)電力系統制御工学講座...

詳細を見る

条件を変更して再検索