編集ボタンから内容の更新をお願いします。必須項目は、必ずご入力下さい。

研究者紹介

日高 邦彦  教授ひだか くにひこ必須編 集保存してください

日高 邦彦教授

1981年 東京大学大学院工学系研究科電気工学専門博士課程修了 工学博士
1981年 防衛大学校電気工学教室 助手
1985年 東京工業大学工学部電気・電子工学科 助手
1987年 東京大学工学部電気工学科 講師
1988年 東京大学工学部電気工学科 助教授
1997年~現在 東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻 教授
2006年 電気学会副会長
2008年 東京大学先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター センター長、放電学会会長、電気学会東京支部長

受賞
1983年、1996年、2004年 静電気学会 論文賞
1985年、2000年、2007年 電気学会 電気学術振興賞論文賞
1986年 英国電気学会(IEE) Duddell賞
1998年 電気学会 平成10年度グループ著作賞
2003年 米国電気電子学会(IEEE)電力工学部門(PES) High Performance Chapter Award
2004年 電気学会 第60回電気学術振興賞進歩賞
2005年、2007年、2009年 電気学会 優秀技術活動賞技術報告書賞
2006年 米国電気電子学会(IEEE)東京支部 Distinguished Service Award for IEEE Chapter Activities
2007年、2009年 米国電気電子学会(IEEE)絶縁・誘電工学部門(DEI) Certificate of Appreciation
2008年 電気学会 業績賞




研究室開設日・閉鎖日編 集保存してください※この項目は非公開です

研究室開設日
研究室閉鎖日
(予定含む)

その他の教授・准教授編 集保存してください


  • 熊田 亜紀子  准教授
    くまだ あきこ

その他の研究者編 集保存してください

  • 松岡 成居   助教   (まつおか しげやす

研究室からのお知らせ編 集保存してください

研究キーワード

機器分野必須編 集保存してください

電力系統電力機器

学問分野必須編 集保存してください

電磁気学電気電子計測電気電子材料高電圧・放電プラズマ工学

研究室の概要必須編 集保存してください

研究室は1987年に河野照哉教授(現名誉教授)と連名で河野・日高研としてスタート、1995年より日高研、2003年より熊田准教授と共に日高・熊田研として活動。東京大学工学部の中で、1873年に世界で最初に誕生した電気系学科の伝統を継承しつつ、電気工学、特に高電圧工学分野の研究と教育に携わってきています。1987年以降、研究室を巣立った若者は約140名に及びます。2008年度は、スタッフ4名、大学院生9名、学部生3名の、総勢16名が活動しています。

研究室の特徴

毎日の研究必須編 集保存してください

卒論生、大学院生となれば、社会人とほとんど変わらない存在と考えています。従って、各人が自分のポテンシャルをどのように高めていくかを考えて、どのような講義を受講し、どのようなライフスタイルで研究を進めていくか、各自の判断で行動しています。もちろんアドバイスを求められれば、喜んで答えています。研究室に初めて入ってきた学生の方には、研究を進めていくために必要な基本的なスキルを身につけるために、工作実習、数値情報処理演習、高電圧実験体験などを研究室独自に用意しています。

身につく知識必須編 集保存してください

高電圧・放電プラズマ現象はいつの時代も神秘的な魅力を提供しています。これを解き明かすことによって、ナノメータの電子デバイスの作製から数千kmの電力輸送ネットワークの構築、更には地球規模、宇宙規模の環境問題に対して、絶えず有効な原理や技術が創出され続けています。このような広範な学問領域を究めるべく研鑽を積んだ人は、社会のどの分野でも活躍できるポテンシャル持つことができると考えています。

主な就職先必須編 集保存してください

東京大学、京都大学、JAXA、東京電力、関西電力、中部電力、北海道電力、NTT東日本、NTTデータ、JR東日本、日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、明電舎、住友電工、古河電工、フジクラ、ソニー、トヨタ自動車、ヤマハ発動機、JFE、経済産業省、総務省、特許庁、警察庁、日本銀行、三井物産、野村総研、アクセンチュア
★専門分野を究める先輩だけでなく研究の幅広さを活かして自分のポテンシャルを高め、電気工学、電子工学、情報工学の他分野はもちろんのこと工学以外の分野でも活躍している先輩も多数います。

主な進学先必須編 集保存してください

研究室の雰囲気必須編 集保存してください

研究室

世界を視野に入れた最先端の創造的研究を進めていく研究者としては、教員と学生という区別はなく同じ目線で自由にかつアットホームに議論できることが大切であり、研究室の雰囲気もそれに近いと考えています。高い志を目指すために必要な設備、機器を整備することは教員の役目であり、そのために最大限の努力をした結果、世界に向けて恥ずかしくない道具立てを整えつつあります。道具がよくてもそこにアイデアがなくては意味がありません。自由な発想で研究を楽しむ気持ちをいつまでも持ち続けていきたいと思います。

研究室メンバー

教員 院生 学部生
年度

研究室メンバー必須編 集保存してください

教員 院生 学部生
2017年度
2016年度

共同研究・受託研究編 集保存してください

地域活動編 集保存してください

その他編 集保存してください

高電圧・放電プラズマ現象に関わる学問分野は、材料開発からシステム設計まで応用分野が広いにもかかわらず、まだまだ未解明な部分が多く存在しています。このことは未だに大家は存在せずだれでもエキスパートになれる可能性があるわけです。こうした学問の広がり、奥深さに興味を抱いた学生が、積極的に私たちの研究グループに加わって下さることを期待しています。

研究室の連絡先必須編 集保存してください

地域 関東地区
郵便番号 113-0033
住所/連絡先 東京都文京区本郷7-3-1
電話番号
FAX番号
Eメールアドレス hidakahvg.t.u-tokyo.ac.jp
より詳しい内容はこちらから→研究室のホームページへ

※こちらの掲載情報は、各研究室から提供されたものです。
詳細につきましては、各研究室にお問い合わせ頂きますようお願いいたします。
更新確認日:2008-07-07

研究室ホームページ編 集保存してください

URL(研究室ホームページ) http://www.hvg.t.u-tokyo.ac.jp/
URL(英語の研究室ホームページ)

英語表記必須編 集保存してください

学校名・学科名(英語表記)
氏名(英語表記)

進路実績必須編 集保存してください※この項目は非公開です

  2016年度卒 2017年度卒
エネルギー資源
建設業
化学
医療関係
機械
鉄、金属
電子、電気機械
自動車・オートバイ
精密機器
情報・通信業
電力
大学・公的研究機関(研究職)
その他

登録者情報必須編 集保存してください※この項目は非公開です

担当部署(1)
担当者(1) 日高 邦彦
E-mail(1) hidakahvg.t.u-tokyo.ac.jp
担当部署(2)
担当者(2)
E-mail(2)
担当部署(3)
担当者(3)
E-mail(3)

事務局連絡用アドレス必須編 集保存してください※この項目は非公開です

事務局連絡用アドレス