萌芽研究「電気工学分野の将来展開を見据えた研究」

2019年5月掲載

研究助成採択者インタビュー

2017年度の萌芽研究に採択させていただいた皆様に、研究の解説、電気工学への思いなどをお話いただきました。

愛媛大学 弓達 新治 助教

バイオマス発電の重要な課題を解決する新たなパルスパワー応用の開発

パルスパワー技術を用いて、“バイオマス発電の燃料生成過程における不純物除去”のための新しい方法を提案して、萌芽研究に採択されました。

東北大学 織原 大 助教

再生可能エネルギーの大量導入のために、容量に空きが多い送電線を活用する

再生可能エネルギーが電力系統に大量導入された場合の出力変動抑制に、送電線を使うというユニークな提案で萌芽研究に採択されました。

2017年度に採択された研究のテーマや概要、研究者を一覧でご確認頂けます。


電気工学の未来