萌芽研究「電気工学分野の将来展開を見据えた研究」

2016年5月掲載

研究助成採択者インタビュー

2016年度の萌芽研究に採択させていただいた皆様に、研究の解説、電気工学への思いなどをお話いただきました。

山梨大学 關谷 尚人 准教授

超伝導体のまったく新しい応用研究、ワイヤレス給電を進化させる高周波用途を開拓

ワイヤレス電力伝送技術を切り口に、高周波領域における超伝導体の新たな可能性に挑んだ研究で、萌芽研究に採択されました。

東北工業大学 田倉 哲也 講師

次世代交通インフラの充電ステーションを実現する、非接触充電装置の研究。

EV普及のための重要なインフラ整備となる、非接触充電の周辺機器へ与える影響の解決に取り組み、萌芽研究に採択されました。

2016年度に採択された研究のテーマや概要、研究者を一覧でご確認頂けます。


電気工学の未来