採択年度 2014年度
研究者氏名 兵庫県立大学 工学研究科 電気系工学専攻 准教授 菊池 祐介
萌芽研究テーマ A:「先進型電力システム」のために
B:「更なる高度エネルギー利用」のために
研究概要 近年,金属表面にヘリウムプラズマを照射することにより繊維状のナノ構造が形成されることが報告されている。本研究では,従来の低ガス圧プラズマではなく,準大気圧プラズマを用いることで,低コストで大面積の金属表面ナノ構造形成技術を開発することを目標とする。金属ナノ構造形成技術により,ドライプロセスを用いた光触媒電極の高性能化が期待される。この技術により,太陽光エネルギーを用いた水素製造技術等への応用が考えられる。
この研究に関連するキーワード

※研究者の職位・所属は、採択当時のものです。
また、本HPでの当該情報の公開についてご了承をいただいている題目のみ掲載しています。

他の研究を探す


電気工学の未来