採択年度 2013年度
研究者氏名 東京理科大学 理学部 応用化学科 准教授 根岸 雄一
萌芽研究テーマ B:「更なる高度エネルギー利用」のために
研究概要 白金は燃料電池の電極材料として広く利用されているが、極めて高価な貴金属であり、燃料電池のコスト低減には触媒活性を向上させ、その使用量を極限まで抑えることが重要な課題となっている。本研究では、高い触媒活性を示すサブナノ領域の白金クラスターを精密かつ系統的に合成し、その触媒能の評価を行うことで、高活性な白金クラスターの特定及びその精密合成法の確立を実現する。
この研究に関連するキーワード

※研究者の職位・所属は、採択当時のものです。
また、本HPでの当該情報の公開についてご了承をいただいている題目のみ掲載しています。

他の研究を探す


電気工学の未来