「山川発電所/山川バイナリー発電所」を訪問しました

2019年2月28日掲載

2018年12月、パワーアカデミー事務局は、指宿市山川地区にある地熱発電所、九州電力「山川(やまがわ)発電所」および九電みらいエナジー「山川バイナリー発電所」を訪問しました。山川バイナリー発電所は、山川発電所の敷地内にあり、2018年2月に営業運転を開始した、国内最大級のバイナリー発電所です。本記事では、地熱発電の新たな可能性を切り拓く、バイナリー発電にスポットを当ててレポートします。

九州で3番目の地熱発電所となる山川発電所

山川発電所の蒸気井(じょうきせい)。地下深部の地熱貯留槽から蒸気と熱水を取り出すための井戸です。この蒸気で蒸気タービンを回し発電します。

地熱発電は、化石燃料をまったく使わず、地下から取り出した蒸気を利用するクリーンな発電方法です。詳細の仕組みは、電気の施設訪問レポート vol.7 東北電力・上の岱地熱発電所をご覧ください。

九州電力・山川発電所は、事業用として九州では、大岳発電所、八丁原発電所に次いで3番目、全国では7番目に建設された地熱発電所で、1995年に営業運転を開始しました。発電能力は3万キロワットで、1件のご家庭で平均3キロワットを使うとすれば、1万戸をまかなうことができ、蒸気の使用量は1時間に225トンに及びます。指宿市は約2万戸のため、単純計算して約半分の世帯へ電力を供給することが可能です。

特徴としては、海岸近くの平坦地に立地しているということ。海抜43メートルという低地にある地熱発電所は大変珍しいものです。また、海岸に近いので、海水と同程度の塩分濃度2万~3万ppmの熱水を使用しているのも特徴です。

地域社会との共生、周辺の園芸農家に蒸気を無償提供

日本百名山の1つで薩摩富士と称される、標高924メートル開聞岳(かいもんだけ)です。

山川発電所/山川バイナリー発電所がある指宿市山川地区は、鹿児島県・薩摩半島の南東端に位置しており、砂むし温泉で大変有名な地域です。また、古くから薩摩の海の玄関口として利用され、琉球との貿易や、カツオを中心とした漁業や水産業も盛んです。発電所は海岸に近い畑に囲まれ、薩摩富士と称される、開聞岳(かいもんだけ)の眺望が大変美しいところにあります。

地熱という自然の恵みを利用する山川発電所/山川バイナリー発電所にとって、地域社会との共生は大変重要です。そこで、山川発電所では、発電に利用できない余剰蒸気を、2015年の5月から周辺の園芸農家に無償提供する取り組みを行っています。余剰蒸気は、園芸ハウス内の加温などのエネルギーとして活用され、胡蝶蘭、マンゴーや観葉植物が栽培されています。今後も山川発電所/山川バイナリー発電所は、地域と共に歩む発電所として活動を行っていきます。

バイナリー発電とは?山川バイナリー発電所の建設背景

山川バイナリー発電所の全景(山川発電所より撮影)。

地熱発電は、クリーンな発電方法ですが、基本的には、高温の蒸気を利用してタービン発電機を稼動させることで電気をつくります。そのため、比較的温度の低い蒸気・熱水は使用できませんでした。

そこで、こうした未利用エネルギーの有効活用などのために、今、地熱発電で採用されているのが、バイナリー発電方式です。バイナリー発電とは、水よりも沸点の低い"媒体"を加熱・蒸発させてその蒸気でタービンを回す方式です。加熱源系統と媒体系統の二つの熱サイクルを利用して発電することから、バイナリーサイクル(Binary※英語で"ふたつの"という意味)発電と呼ばれています。バイナリー発電に欠かせない"媒体"には通常、ペンタン、代替フロン、アンモニア水などが使用されています。

山川バイナリー発電所は、九電みらいエナジーが大分県九重町の菅原バイナリー発電所に次いで開発した、国内最大級のバイナリー発電所で、山川発電所のフラッシュ方式では発電に利用できずに地下に戻していた、熱水の未利用エネルギーを有効活用し、その熱で発電しています。九州電力が還元熱水(熱)を供給して、九電みらいエナジーが発電所を運営するという、九電グループ一体での取組みで、2018年2月に営業運転を開始しました。発電出力は、4990キロワットで、山川発電所の3万キロワットと合わせて電力を供給しています。

水よりも沸点が低い"媒体"が活躍する、山川バイナリー発電所の仕組み

それでは、具体的に山川バイナリー発電所の仕組みについて解説しましょう。
山川バイナリー発電所は、山川発電所のフラッシュ方式では発電に利用できずに地下へ戻していた還元熱水の熱で媒体・ペンタンを加熱・蒸発させて、その蒸気で発電しています。ペンタンは、水の沸点100℃に比べて、より低い温度で液体から蒸気に変えることができます。沸点は36.1℃で、無色透明の液体です。

具体的な発電までの流れを簡単に説明しますと、山川発電所から送られてきた熱水は、山川バイナリー発電所の汽水分離器で、一度蒸気と熱水に分離されます。分離された蒸気は、蒸発器に送られ、ペンタンは汽水分離器から送られてきた蒸気により、加熱、蒸発させられ気化し、高温高圧の状態となります。そして、蒸気タービンに送られて発電機を回し、電気をつくるという流れとなります。

山川バイナリー発電所の仕組み

山川バイナリー発電所の設備をご案内いただきました

当日、ご案内いただいた、山川バイナリー発電所の設備をご紹介します。併せて、山川発電所展示室もご紹介します。

山川発電所・熱水タンク

山川発電所の熱水タンクです。ここから山川バイナリー発電所の汽水分離器へ熱水輸送管を通じて、地熱熱水を送ります。

汽水分離器

汽水分離器では、山川発電所の熱水タンクから送られた地熱熱水を、蒸気と熱水に分離します。汽水分離後の蒸気は蒸発器でペンタンと熱交換後液化し、熱水は熱水タンクを経由して予熱器で熱交換した後、それぞれフラッシュタンクへ向かいます。

蒸発器

蒸発器では、汽水分離器から分離後の蒸気でペンタンを加熱し、蒸発させます。気化したペンタンは、蒸気タービンに送られます。

蒸気タービンと発電機

四角い壁で覆われた中に、蒸気タービンと発電機があります。四角い壁は、発生する騒音を低減させるための防音壁です。蒸気タービンに送られた、高温高圧のペンタンは、蒸気タービンを1分間に1800回転させます。蒸気タービンは連結された発電機を回し、電気をつくります。

屋外変電設備

発電機でつくった高圧6.6kVの電気を特別高圧66kVの電気に変圧して、送電線へ送電します。

復水器

蒸気タービンで使用されたペンタンを外部の空気によって、冷却・液化する設備です。低騒音モーターの採用などで騒音低減を図っています。

フラッシュタンク

フラッシュタンクは、蒸発器と予熱器から送られてきた地熱熱水を減圧し、山川発電所の熱水ピットに送る装置です。減圧により発生する水蒸気の白煙は、水を噴霧して軽減させています。

九州電力・山川発電所展示室

年末年始を除き、毎日開館しています。山川発電所や山川バイナリー発電所について、分かりやすく理解できる展示室です。展示室には、田園風景がステージになったシアターや楽しいゲームで学べる設備があります。

編集後記

写真右よりご案内いただいた、九州電力・山川発電所・山下孝信所長、九電みらいエナジー・山川バイナリー発電所・坂井貴彦所長、九州電力・山川発電所・新留輝幸副長。山川発電所展示室の受付の方と、山川発電所の余剰蒸気を使用して周辺農家の方が栽培した胡蝶蘭を囲んで撮影させていただきました。(取材当時)

九州電力はグループ会社を含めて、地熱発電に取り組んできた歴史が60年以上あります。そのため、認可出力では全国の約4割、発電電力量だと5割以上という実績を持っており、最新式のバイナリー発電の取り組みも積極的に行っていることが実感できました。ぜひ、指宿に訪れた際には、山川発電所/山川バイナリー発電所にもお立ち寄り頂きたいと思います。お問い合わせは、九州電力公式HPからどうぞ。

この記事に関連する電気工学のキーワード

  • 電力系統

バックナンバー一覧

電気の施設訪問レポート vol.232018年8月掲載

関西電力「蹴上発電所」を訪問しました
2018年6月、パワーアカデミー事務局は、京都市左京区にある関西電力・蹴上(けあげ)発電所を訪問しました。蹴上発電所は、日本ではじめての事業用水力発電所として京都の近代化に大きく貢献、現在でも現役の発…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.222018年1月掲載

「新島プロジェクト事業」を訪問しました
2017年12月、パワーアカデミー事務局は、東京都新島村を訪問しました。新島村では、再生可能エネルギーを最大限受け入れ可能な電力系統システムの構築を目指した実証試験「電力系統出力変動対応技術研究開発事…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.212017年8月掲載

「圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES)実証設備」を訪問しました
今回、パワーアカデミー事務局は、静岡県賀茂郡河津町にある圧縮空気エネルギー貯蔵(CAES:Compressed Air Energy Storage)システムの実証試験設備を訪問しました。…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.202016年11月掲載

三菱電機「中低圧直流配電システム実証棟」を訪問しました
2016年9月、パワーアカデミー事務局は、香川県丸亀市にある三菱電機株式会社の受配電システム製作所「中低圧直流配電システム実証棟」を訪問しました。…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.192016年7月掲載

「柏の葉スマートシティ」を訪問しました
2016年3月、パワーアカデミー事務局は「柏の葉スマートシティ」を訪問しました。柏の葉スマートシティは、内閣府の地域活性化総合特区に指定されており、国家的事業として取り組んでいる、…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.182015年10月掲載

東北電力「新仙台火力発電所」を訪問しました
2015年10月、パワーアカデミー事務局は東北電力の新仙台火力発電所(仙台市宮城野区)を訪問しました。仙台市の一番東にある仙台港に位置する新仙台火力発電所は、…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.172015年1月掲載

中部電力「南福光連系所」を訪問しました
2014年11月、パワーアカデミー事務局は中部電力と北陸電力の電力系統を連系している南福光連系所(富山県南砺市※とやまけんなんとし)を訪問しました。南福光連系所……>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.162014年9月掲載

東京電力「常陸那珂火力発電所」を訪問しました
2014年7月、パワーアカデミー事務局は東京電力の常陸那珂(ひたちなか)火力発電所(茨城県那珂郡東海村)を訪問しました。緑豊かな自然と太平洋の大海原が広がる常……>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.152014年5月掲載

「沖縄やんばる海水揚水発電所」を訪問しました
2014年2月、パワーアカデミー事務局は、沖縄県北部の国頭村(くにがみそん)にある、J-POWER(電源開発株式会社)の「沖縄やんばる海水揚水発電所」を訪問しました。沖縄やんばる海水揚水発電所は、世界…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.142013年11月掲載

「神之池バイオマス発電所」を訪問しました
2013年9月、パワーアカデミー事務局は、茨城県神栖市にある、国内最大級の木質バイオマス専焼発電所「神之池バイオマス発電所」を訪問しました。これは、9月18日(水)に行われた第2回GPAN(パワーアカ…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.132013年10月掲載

「浮島太陽光発電所」を訪問しました
2013年8月、パワーアカデミー事務局は、神奈川県川崎市にある「浮島太陽光発電所」を訪問しました。浮島太陽光発電所は、川崎市と東京電力株式会社の共同事業として、川崎市の臨海部に建設した大規模太陽光発電…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.122013年7月掲載

電気の歴史につながる九州電力・黒川第一発電所を訪問しました
2013年4月、パワーアカデミー事務局は、熊本県南阿蘇村にある九州電力の黒川第一発電所を訪問しました。黒川第一発電所は、約100年前の大正3年(1914)につくられた歴史ある水力発電所で、現在も現役で…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.112013年2月掲載

新出雲ウインドファームを訪問しました
2012年11月、パワーアカデミー事務局は、島根県出雲市にある株式会社新出雲ウインドファームを訪問しました。同社は、2009年4月に営業運転を開始した、日本最大規模の集合型風力発電施設「新出雲風力発電…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.102012年10月掲載

宮崎ウッドペレットを訪問しました
2012年8月、パワーアカデミー事務局は、宮崎県小林市にある宮崎ウッドペレット株式会社を訪問しました。宮崎ウッドペレット株式会社は、未利用となっている国内林地残材などを「木質ペレット」に加工し、バイオ…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.92012年9月掲載

九州電力・小丸川発電所を訪問しました
2012年8月、パワーアカデミー事務局は、宮崎県児湯郡木城町にある九州電力の小丸川発電所を訪問しました。小丸川発電所は、九州で最大規模の発電出力を誇る揚水式発電所。本レポートでは、小丸川発電所の仕組み…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.82012年5月掲載

電源開発・北本連系設備を訪問しました
2011年11月、パワーアカデミー事務局は、北海道・本州間電力連系設備(北本連系設備)の函館交直変換所を訪問しました。北本連系設備は、日本初の高電圧直流送電線という技術で、1979年に完成した北海道と…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.72012年4月掲載

東北電力・上の岱地熱発電所を訪問しました
2011年11月末、パワーアカデミー事務局は、秋田県湯沢市にある東北電力・上の岱地熱発電所を訪問しました。本レポートでは、震災後、注目を集める再生可能エネルギーのひとつ「地熱発電」の仕組みや特徴、そし…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.62012年4月掲載

関西電力堺港発電所と堺太陽光発電所を訪問しました
2011年10月、パワーアカデミー事務局は、大阪府堺市にある関西電力 堺港発電所と堺太陽光発電所を訪問しました。堺市の臨海部に位置する堺港発電所は、低炭素社会の実現とより低廉な電力の供給に向け、天然ガ…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.52010年9月掲載

四国電力「伊方ビジターズハウス」を訪問しました
2010年9月、パワーアカデミー事務局は、愛媛県西宇和郡にある「伊方ビジターズハウス」を訪問しました。伊方ビジターズハウスは、四国の約4割の電力をまかなう伊方発電所に隣接するPR施設です。施設は本館・…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.42009年12月掲載

中国電力「水島発電所」を訪問しました
2009年12月、パワーアカデミー事務局は、岡山県倉敷市にある、中国電力の水島発電所を訪れました。水島発電所は、水島コンビナートの電力をまかなうため、1961年に運転を開始した火力発電所です。発電所の…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.32009年11月掲載

中部電力PR展示施設「でんきの科学館」を訪問しました
2009年9月、パワーアカデミー事務局は、愛知県名古屋市にある「でんきの科学館」を訪れました。でんきの科学館は、見て、触れて、体験しながら電気の世界を発見できる参加・体験型の科学館。さまざまな角度から…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.22009年11月掲載

三居沢電気百年館を訪問しました
2009年11月、パワーアカデミー事務局は、仙台市にある「三居沢電気百年館」を訪れました。三居沢電気百年館は、東北の電気誕生から百年目を記念して、1988年に建てられたものです。主に東北地方における電…>>続きを読む

電気の施設訪問レポート vol.12009年8月掲載

関西電力「エル・シティ館」を訪問しました
2009年8月、パワーアカデミー事務局は、大阪府にある「エル・シティ館」を訪れました。エル・シティ館は、関西電力南港発電所のエル・シティ・ナンコウ内にあるPR施設。子供から大人まで、科学について遊び感…>>続きを読む

電気工学を知る