関連図

再生可能エネルギーの一つである風の力を利用して発電する方式で、風のエネルギーを風車が受けて発電機を回転させ電気エネルギーに変換します。運転時にCO2を出さないクリーンな発電方法であるとともに、エネルギー源となる風はほぼ無尽蔵です。一方、自然条件により出力が変動してしまうといった問題があり、今後、電気工学の果たす役割が期待されています。

利用分野

風況の良い地域を中心に風力発電の導入量が徐々に増えてきています。しかしながら、国土の狭い日本では、今後導入できる量が限られてくると考えられるため、風力発電の洋上設置の研究などが行われています。

この分野の研究を行っている大学の研究室

38件の研究室が該当しました。

31~38件を表示(全38件)

木村 紀之

私立/大阪府
大阪工業大学 工学部 電気電子システム工学科

木村 紀之 教授(きむら のりゆき)
当研究グループは、大きくエネルギー科学研究系と電機システム研究系に別れている。講座制ではないため、各教員が独自の研究テーマを設定して学生と共に研究に励んでいる。一方、研究内容の議論、成果の報告などは研究系単位で行っている。両研究系を併せ...

詳細を見る

伊瀬 敏史

国公立/大阪府
大阪大学大学院 工学研究科 電気電子情報工学専攻

伊瀬 敏史 教授(いせ としふみ)
本研究室は工学部発足当時から電気工学科の中にあって、今日に至るまで電気エネルギーの発生・輸送・変換・制御にかかる電力工学と高電圧工学の研究・教育を行ってきました。現在は、電気エネルギーの発生・伝送・変換・制御の分野でエネルギー資源・環境問題を視...

詳細を見る

餘利野 直人

国公立/広島県
広島大学 工学部 第二類 電気電子工学課程

餘利野 直人 教授(よりの なおと)
当研究室は1949年開設されました。広島大学工学部において、長年電力システム工学分野での研究と教育に携わってきた伝統ある研究室です。2018年度はスタッフ4名、秘書1名、外国人客員研究員:1名、大学院生26名(博士課程:6名、修士課程:20名)、学部生9...

詳細を見る

三谷 康範

国公立/福岡県
九州工業大学大学院 工学研究院 電気電子工学研究系

三谷 康範 教授(みたに やすのり)
当研究室は、九州工業大学工学部電気工学科の電気エネルギー工学講座の1分野ですが、2003年に三谷が異動してきて電力系統工学に関する分野を開始しました。対象領域は電力系統に関わるものから家庭内の電力の流れを監視することまで電気エネルギーに関わる...

詳細を見る

袈裟丸 勝巳

国公立/福岡県
九州大学大学院 システム情報科学研究院 電気システム工学部門

袈裟丸 勝巳 准教授(けさまる かつみ)
当研究室は、九州大学工学部電気工学科の中でも長年電気機器分野の研究と教育に携わってきた伝統ある研究室に所属しています。この間研究室を巣立った若者は約200名に及びます。2009年度は、スタッフ2名、大学院生5名、学部生2名の、総勢9名が活動していま...

詳細を見る

千住 智信

国公立/沖縄県
琉球大学 工学部 電気電子工学科

千住 智信 教授(せんじゅ とものぶ)
当研究室は、1988年開設。琉球大学工学部電気電子工学科で電力・エネルギー・電気機器分野の研究と教育を実施しています。この間研究室を巣立った若者は100名以上に及びます。2012年度は、大学院生17名、学部生5名の、総勢19名が活動しています。外国人研...

詳細を見る

與那 篤史

国公立/沖縄県
琉球大学 工学部 電気電子工学科

與那 篤史 助教(よな あつし)
当研究室は、2008年開設。電力系統の既存設備や高価な蓄電池を有効に活用することを目的として、気象予測情報による自然エネルギー利用システムの最適運用方法や、予測誤差を用いた最適容量の決定方法を開発しています。2015年度は大学院生5名、学部生2名...

詳細を見る

浦崎 直光

国公立/沖縄県
琉球大学 工学部 電気電子工学科

浦崎 直光 教授(うらさき なおみつ)
当研究室は、2007年開設。主にモータドライブ、太陽光発電システムならびに風力発電システムに関する研究を行っています。平成25年度は学部学生4名、修士課程2名、博士課程2名の総勢8名が活動しています。

詳細を見る

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る