関連図

燃料電池とは水素(あるいはメタノールなど)と酸素を利用し、電気をつくり出す装置です。電池というよりは、特殊な発電装置と言う方が正しいでしょう。水(H2O)の電気分解とは逆の反応が基本原理で、そのときに発生する電流を電極から外部に取り出して利用します。水素と酸素の反応の場合、生成するのは水だけなので現在の化石燃料に代わるきわめてクリーンなエネルギーシステムとして注目されています。燃料電池は、環境問題の大きなブレークスルーとなりうる技術です。

利用分野

大気中に排出されるCO2の削減を目的に、自動車や一般家庭向けの発電システム、電力会社向けの大型発電システムなどへの応用が主に研究されています。その他、携帯電話やノートパソコンのバッテリーとしても使用可能な大きさの小型燃料電池の開発が進められています。

この分野の研究を行っている大学の研究室

14件の研究室が該当しました。

11~14件を表示(全14件)

木村 紀之

私立/大阪府
大阪工業大学 工学部 電気電子システム工学科

木村 紀之 教授(きむら のりゆき)
当研究グループは、大きくエネルギー科学研究系と電機システム研究系に別れている。講座制ではないため、各教員が独自の研究テーマを設定して学生と共に研究に励んでいる。一方、研究内容の議論、成果の報告などは研究系単位で行っている。両研究系を併せ...

詳細を見る

舩曳 繁之

国公立/岡山県
岡山大学 大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 電気電子機能開発学講座

舩曳 繁之 教授(ふなびき しげゆき)
当研究室は、2010年に舩曳教授が着任し、これまでのシステム制御工学を電気エネルギー・システム制御工学と名称を変更して開設され、岡山大学工学部電気通信系学科の中で電気エネルギーと制御工学に関連した教育と研究を担っています。2010年度以降に研究...

詳細を見る

塚田 啓二

国公立/岡山県
岡山大学 工学部 電気通信系学科

塚田 啓二 教授(つかだ けいじ)
当研究室は2003年に発足した研究室で、計測システムに関する研究を行っています。具体的には、超電導を用いた先端計測や磁気計測による非破壊検査、テラヘルツ波を用いたバイオセンシングや新規テラヘルツ波応用デバイスの開発、新型ガスセンサ・イオンセ...

詳細を見る

田中 祀捷

私立/福岡県
早稲田大学大学院 情報生産システム研究科

田中 祀捷 教授(たなか としかつ)
当研究室は、2002年開設。早稲田大学情報生産システム研究科(2002年設立)の中で唯一のエネルギー・材料の分野の研究と教育に携わってきた若い研究室です。この間研究室を巣立った若者はまだ20名程度です。2008年度は、スタッフ3名、大学院生3名、総勢6名が...

詳細を見る

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る