第23回 電気ウナギは、なぜ電気を出せるのか?

2016年07月掲載

電気ウナギは、文字通り電気を発生できるウナギですが、果たして何ボルトの電気を出すのでしょうか?そして、そのメカニズムは?今回は知っているようで知らない、電気ウナギについて調べてみました。

最大800ボルトもの高電圧を出す、電気ウナギ

夏といえば、やはりウナギ(鰻)がおいしい季節ですね。この“夏といえばウナギ”という風習は、江戸時代の平賀源内が考案した“土用の丑の日(※1)”という宣伝文句によって定着したと言われています。そのため、平賀源内は、日本初のコピーライターとも呼ばれています。

さて、そんな夏に欠かせない食べ物であるウナギですが、電気を発するウナギがいることをご存じでしょうか(※2)。アマゾン川流域に住む「電気ウナギ」は、300~800ボルトもの電気を数秒間発生させ、相手をしびれさせて捕えます。1個の乾電池が1.5ボルト。テレビを見たりする家庭用の電源が100ボルトなので、いかに強力かお分かりになるでしょうか?

電気ウナギ以外にも電気ナマズ(約400ボルト)、シビレエイ(約80ボルト)など電気を起こす魚は、世界で数百種も存在します。これらをまとめて「電気魚(でんきうお※発電魚とも言う)」と呼んでいます。

(※1)土用とは、中国の五行に由来する暦の雑節。四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間を指す。その期間の中で十二支が丑にあたる日を「土用の丑の日」と言う。
(※2)シビレウナギ科の淡水魚。生物学的には、ナマズに近い。体長は約2mで、発電魚の中では最大級の発電力があると言われる。

筋肉でできた発電器のなかで、発電板を直列につなげて発生させる

では電気ウナギをはじめとする電気魚は、どのように電気を出しているのでしょうか。人間もふくめて、すべての生き物は、筋肉を動かすとき微弱な電気が起きます。一般的に電気魚は、これを利用して、特別な筋肉でできた発電器(筋肉細胞が変化したもの)で電気を生み出します。発電器の中は、ちいさな発電板がたくさん集まっており、これらが直列につながって電気を発生させています。これは小学生のときに習った乾電池の直列つなぎと、原理は同じです(※3)。

ちなみに電気ウナギには、絶縁体の役割をする脂肪がたっぷりとあるため、800ボルトもの高電圧を出しても感電しません。また、電気ウナギは暴れると発電しますので、もしアマゾンで遭遇したときは刺激しないよう気をつけてくださいね。

(※3)乾電池は直列につないだ方が、並列につなぐより明るくなる。ただし、直列つなぎの方が、並列つなぎより電池が早くなくなってしまう。

600ボルトの電圧を発生させる電気ウナギの場合

バックナンバー

[ 2017年8月掲載 ] 第25回 雷の不思議

なぜ、カミナリはジグザグに落ちていくのか?

[ 2016年12月掲載 ] 第24回 地球とプラズマ

オーロラの光の正体、それは?

[ 2016年7月掲載 ] 第23回 電気魚の不思議

電気ウナギは、なぜ電気を出せるのか?

[ 2015年12月掲載 ] 第22回 モーターと回生ブレーキ

時速270kmの新幹線は、発電しながら止まる!

[ 2015年8月掲載 ] 第21回 電気通信の仕組み

シャーロック・ホームズのメールは、電報でした。

[ 2014年12月掲載 ] 第20回 電気の未来社会

未来は、コードやケーブルがなくなる?

[ 2014年8月掲載 ] 第19回 スピーカーとフレミングの法則

テレビの音を小さくすると、節電になるのか?

[ 2014年1月掲載 ] 第18回 電気のトリビアその3

ちょっと得する電気の雑学、集めました

[ 2013年11月掲載 ] 第17回 電気のトリビアその2

ちょっと得する電気の雑学、集めました

[ 2013年9月掲載 ] 第16回 電気のトリビア

暮らしの中の電気トリビア、集めました

[ 2013年3月掲載 ] 第15回 野球と電気エネルギー

万能選手!電気は多才なエネルギー。

[ 2012年9月掲載 ] 第14回 オリンピックと電気工学その2

バレーも電力もIT管理。

[ 2012年7月掲載 ] 第13回 オリンピックと電気工学その1

水泳も送電も抵抗をなくそう!

[ 2012年5月掲載 ] 第12回 震災と電気工学その3

電気工学的、節電とは?

[ 2012年1月掲載 ] 第11回 震災と電気工学その2

電気は、本当に貯められないのか?

[ 2011年11月掲載 ] 第10回 震災と電気工学その1

周波数変換の謎、徹底解剖。

[ 2011年6月掲載 ] 第9回 LED照明のメリット/デメリット

いま流行(はやり)のLED照明とは、何もの?

[ 2010年12月掲載 ] 第8回 電力系統と駅伝

電力も駅伝も、最適配置で勝負。

[ 2010年9月掲載 ] 第7回 医療機器応用の歴史

日本最古の電気機器「エレキテル」は、医療機器でした。

[ 2010年4月掲載 ] 第6回 人工衛星と太陽電池

世界ではじめての太陽電池は、人工衛星に積まれました。

[ 2010年4月掲載 ] 第5回 宇宙船と燃料電池

2010 年、宇宙の旅のおともに「燃料電池」

[ 2009年12月掲載 ] 第4回 ヒートポンプと打ち水

ヒートポンプの元祖は、「打ち水」でした。

[ 2009年5月掲載 ] 第3回 電気自動車とミニ四駆

電気自動車は、実物大"ミニ四駆"

[ 2009年5月掲載 ] 第2回 パワーエレクトロニクスとボランチ

サッカーと電力の舵を取れ!

[ 2008年7月掲載 ] 第1回 超電導と浮遊術

ハリー・ポッターの空飛ぶホウキと超電導体

すべて表示する

5件だけ表示

サイトの更新情報をお届けします。

「インタビュー」「身近な電気工学」など、サイトの更新情報や電気工学にかかわる情報をお届けします。

メールマガジン登録


電気工学を知る